購入方法は

functional tablets

メラトニンは病院でも通販でも手に入れることができます。どちらで手に入れても同じではないかと考える人もいるかもしれませんが、同じというわけではありません。ここでは、病院と通販の違いについて詳しく見ていきましょう。

・病院
病院でメラトニンを手に入れるという場合、診察を受ける必要があります。専門に診察をしてもらった上で最適な医薬品を処方してもらいます。ですから、必ずしもメラトニンが処方されるというわけではありません。ほしくても症状によっては処方されないこともあります。医師と一緒に治療をしていくという安心感がありますが、治療は短期ではありません。最低でも1ヶ月に1度通わなければなりません。また、治療には薬代だけではなく診察料も発生しますので医療費が高額になるケースがあります。

・通販
通販であれば、診察を受けなくても処方してもらうことができます。確実にメラトニンを購入することができますし、メラトニンと一緒に他の医薬品も購入することができます。個人輸入代行の場合には海外からの発送ということですぐに手に入れることはできませんが、急を要さない医薬品であれば便利です。スマホやパソコンから24時間いつでも注文が可能となっています。病院へ行くのが恥ずかしいというような医薬品でも、通販であれば誰にも知られることなく手に入れることが可能です。また、海外の医薬品販売サイトであれば日本では取り扱われていないジェネリック医薬品も多くありますので、かなり安く医薬品の購入が可能となります。

いかがでしょうか?どちらで購入するほうがお得なのか…。
よく考えて購入するようにしましょう。