服用の方法

but the pills in the bottle

正常な睡眠バランスの人というのは、夜になるとメラトニンの分泌量が増え、眠気が訪れます。しかし、睡眠障害や不眠症、時差ボケの人というのは十分なメラトニンが分泌されませんので眠気が訪れません。ただ、体外からメラトニンを摂取することで睡眠をサポートしてくれます。
こうした医薬品を服用するのは不安という方もいるかと思いますが、正しく服用すれば恐くはありません。

服用方法は就寝前に水やぬるま湯と一緒に飲むだけです。
メラトニンは錠剤となっており、コップ一杯の水やぬるま湯で流し込みます。すると徐々に眠気が訪れます。適量としては0,5~10ミリグラムと言われています。副作用の心配もありますので、最初は少なくして効果が感じられなければ徐々に服用する量を増やしていきましょう。錠剤なので分割する際にはピルカッターなどを使いましょう。簡単に分割することができます。少量で効果が感じられるという場合には、長持ちしますのでコスパが良くなります。金銭的負担を減らすためにも、自分に効果がある最小限で服用をするようにしましょう。

眠れないというときにだけ使用される方も多く、万が一のときに備えて常備されています。眠れないと「寝たいのに寝られない!」と焦ってしまいますが、そうすると余計に眠れなくなってしまいます。しかし、メラトニンがあると頭の片隅においているだけでも、焦らず安心して眠ることができるでしょう。また、海外旅行をすることが多いという方も時差ボケを解消するためにメラトニンを活用しています。