副作用と注意事項

many drugs

メラトニンというのは依存性が少ないので安心して服用することができます。しかし、全く副作用がないということでもありません。人によっては副作用を感じる恐れがあります。ここでは起こりうる副作用や服用できない人についてお教えします。

メラトニンの副作用には、頭痛、めまい、胃の痙攣、吐き気、性欲減退などが挙げられます。短期間の摂取であれば、多くの人は副作用を感じることはありません。ただし、摂取してから4~5時間というのは眠気を感じますので車の運転などの事故につながることは避ける必要があります。

また、メラトニンの医薬品を服用できない人もいます。
15歳以下の子供というのは、他のホルモンに影響を与えてしまうおそれがあるので服用を避ける必要があります。また、高血圧の方は血圧を上昇させてしまう可能性があるので服用できません。うつ病患者の方は症状を悪化させてしまう危険性があるので避けましょう。
この他にも糖尿病や妊婦、授乳中の方というのはメラトニンの服用を避ける必要があります。

病院で処方してもらう場合には十分説明を受けると思いますが、個人輸入代行サイトで購入するという場合には、自分で用法用量、服用の注意事項を調べる必要があります。ですから、自分で購入するという方は、販売サイトで十分メラトニンについて調べてから注文するようにしましょう。

もしも、メラトニンを服用して副作用が強く出た、体には合わないような気がするというような場合には専門医に相談するようにしましょう。